周囲に嫌われないように

オンラインコミュニティを悪用しない

ネットでは、相手に自分の顔が見えずプライバシーが守られます。
ハンドルネームを使いながらオンラインコミュニティで人と会話を楽しめるので、個人を特定されることはありません。
個人情報が見えないのが安心できる理由ですが、個人が特定されないことを悪用しないでください。
匿名で誰かの悪口を言ったり、他の人の映像作品に文句を言ったりすることは控えましょう。

そのような行為をすると、自分から人が離れてしまいます。
自分が困った時に誰も助けてくれないので、クオリティーの高い映像を作ることはできません。
間違った使い方をせず、誰に対しても態度と言葉遣いを丁寧にするよう意識してください。
マナーを守っていれば、オンラインコミュニティで楽しく情報収集ができます。

優しい雰囲気を出そう

丁寧に接していれば、周囲から優しい人だと思われるかもしれません。
話しやすい人だとわかれば自然に話しかけてくれる人が増えて、オンラインコミュニティでたくさんの友人を作れます。
話しやすい雰囲気を出せるよう、心がけましょう。
オンラインコミュニティで仲良くなりたい人が見つかったら、積極的に話しかけてください。

映像制作が好きな人が集まるオンラインコミュニティなら、その話をメインにしましょう。
関係ない話をしたり、相手に連絡先を聞いたりすることは控えてください。
特にしつこく連絡先を聞こうとすると、出会い目的でオンラインコミュニティを使っていると誤解されます。
とにかくたくさんの人が集まるオンラインコミュニティでは、相手の迷惑にならないことが重要です。